バストアップ

知らないと損!胸を温めるとバストアップに繋がる〜自宅でできるケア方法5選〜

投稿日:

胸を温めるとバストアップに繋がる自宅でのケア方法5選

アラサーOLゆりあ
冷え性で、バストのデコルテ辺りもなんだか冷たい・・・
これってバストに悪影響なのかな?

とお悩みではないですか?
女性に多いのが、冷え性の悩み。

私も夏はクーラーの冷え、冬は外の寒さの冷えにと年中冷え性に悩んでいました。

そこで気になるのが、冷えでバストも冷たい・・・ということ。

アラサーOLゆりあ
冷え性ってなかなか改善するの難しいけど、バストにどんな影響があるのかな。
冷え性を放って置くと色んな悪影響が出てくるんです!
実はバストの垂れ小胸になってしまうなんてこともあるんです。
管理人ひめゆり
アラサーOLゆりあ
そうなんですか!?
でも、冷え性って、何したら良いか分からなくて・・・
お任せください!
元々冷え性だった私も効果があった、胸を温める方法と得られる効果を詳しく解説していきますね!
管理人ひめゆり

冷えで起きるバストの垂れや小胸

バストの垂れ冷え性は足や手だけと思っているかもしれませんが、実はこの冷えることでバストアップが阻害されたり、バストの垂れを引き起こしてしまいます。

冷え = バストの垂れ、小胸

って何がどう関係しているのかというと、それは代謝や血行です。

冷えると、血行も悪くなるので、それだけバストにいく栄養が減ってしまいます。
バストにいく栄養が減ると、バストのハリが減ってしまい、バストが垂れる原因にも。

血行が悪くなると、体の代謝も悪くなるので、老廃物も排出されにくくなり、バストアップを阻害してしまうことになります。

それだけ冷えると、バストにはかなり悪影響を与えるのが分かりますね。

冷え性

血行不良

バストに必要な栄養が行き渡らないので、バストのハリが減ってバストが垂れる

老廃物も排出されにくく、バストアップも阻害
この関連性で覚えておきましょう。
管理人ひめゆり

胸を温めると実はバストアップも!?温めることで得られる効果

胸を温める逆に温めるとどんな効果があるのかを説明すると、大きく2つあります。

・バストアップの効果
・バストのハリをもたらし、バストの垂れを防げる

冷え性を改善することで、血行が促進されるので、バストに必要な栄養がいきわたります。

さらに代謝も上がるので、老廃物の排出も促進され、バストアップの効果をグンっと高めてくれます。

いかがでしたか?
冷え性がどれだけバストに悪影響を与えているか理解できましたか?
管理人ひめゆり
アラサーOLゆりあ
はい!
冷え性を改善して、理想のバストを手に入れたい!って思いました。

冷え性の改善にはどんなことをすれば良いんでしょうか?
胸の部分をしっかり温めるのがいいんですかね?

確かに胸を温めるのは大事ですが、それだけでは冷え性の改善にはならないんです。

大事なことは、体全体を温めるように意識すること!
そのために出来ることを次に紹介していきますね!

管理人ひめゆり

今日からできる胸を温めるケア方法5選

意識して欲しいのが、体全体を温めながら、バストケアを行うというのがポイント!

いまから紹介するやり方は、全て上手く取り入れながら行うとかなり効果的にバストアップできるので、是非今日から取り入れて見てくださいね。

方法①ナイトブラを着ける

ナイトブラを着ける
まず一番おすすめしたいのが、ナイトブラを着けるということ。

ナイトブラは、バストをしっかりホールドしてくれるので、寝ている間に何も着けていない時に比べて、バスト自体を冷えから守ってくれます。

体全体を温めるのも大事ですが、バスト自体を温めるのも大事なポイント!

しかも寝ている間のPM10時〜AM2時の間は、女性ホルモンが一番分泌される時間帯なので、体をしっかり温めておくとさらに分泌を促進してくれます!

私自身も寝ている間に着けていますが、バストをしっかり固定してくれて、もうこれなしでは寝られないほど重宝しています。

気になった方は、以下の記事におすすめのナイトブラを紹介しているので参考にしてみてください。

私がリアルに試したおすすめナイトブラベスト10
【2019年最新】70着以上をリアルに試着!ナイトブラおすすめランキングベスト10

女性にとってバストはかけがえのないもの。 女性の象徴といっても過言ではありません! ハリのあるぷりんっとした、マシュマロおっぱい♡ と聞くと男性だけでなく、女性にとっても理想であり、憧れですよね。 で ...

方法②湯船にしっかり浸かる

湯船に浸かる湯船にしっかり浸かるのも体を温める方法の一つです。

お湯は、41~42℃のお湯がベストであると言われています。
血行促進の持続性が上がるように、10分〜15分ぐらいを目処にお湯に浸かって体を温めてみてください。

方法③体を温かくしてくれる食べ物を摂る

体を温める食べ物内側から温まりやすい体を作る一番のおすすめは、体を温めてくれる食べ物を普段の食事に取り入れること!

おすすめの食材を以下に紹介します。

・しょうが
体を温める代表的な食材。辛味成分である「ジンゲロン」や「ショウガオール」に発汗作用があります。
・ねぎ
ねぎ特有の成分「アリシン」は、血行を良くして、体を温める効果があります。
・かぶ、かぼちゃ、玉ねぎなどの根菜
根菜には、血行を促進する栄養素であるビタミンEが豊富に含まれている。

このような食材を上手く取り入れることで、体を温めてくれ、血行を促進してくれます。

方法④ウォーキングやストレッチを取り入れる

ウォーキングやストレッチ適度な運動としてウォーキングやストレッチを取り入れることも体を温めるのにおすすめ!

ウォーキングというと、ちょっと構えてしまう人もいるかもしれませんが、普段の何気ない場面で取り入れてみるのが、無理なく出来る一番の方法。

例えば、いつもよりちょっと早起きして、1駅分だけ歩いてみるとか、会社でいつもエレベーターを使っているけど、階段を使ってみる。

仕事で座ってばかりだけど、自ら率先してFAX取りをする、周りのデスク掃除するなどでいつもより動いてみる

こういった積み重ねで、体を使ってみることも一つの運動になります。

体を使って、体の血の巡りをよくしていきましょう。

方法⑤バストマッサージをする

バストマッサージ次にバストマッサージをすることも、体の体温を上げて血行促進に効果的です。

バストを直接刺激してあげることで、バストの血の巡りも良くなり、バストの血行を促進してくれます。
お風呂に入った後の体が温まっている状態で行うと、さらに効果的!

おすすめのマッサージ方法ですが、以下におっぱい番長こと朝井麗華さんのおっぱいマッサージを紹介。

①親指を逆サイドの脇に入れて、残りの4本の指を背中側へ。
②グッと全体の指で掴んで、肩甲骨の際を挟むように下へスライドします。

大体5分〜10分位を目処にやってみてください。
ちょっとバスト周りがポカポカ温かくなっておすすめです。

まとめ

以上となります。

冷えはバストの垂れやバストアップを阻害する要因になります。

冷え性を改善することで、血行促進に繋がり、代謝もアップして老廃物もしっかり流れて体の循環が良くなるので、バストアップにも繋がります。

バストを直接温める方法として、
ナイトブラを着けることや、バストマッサージをすることを紹介しました。

体全体を温めて血行を促進する方法として、
湯船に浸かる、体を温める食事を摂る、ウォーキングやストレッチもおすすめです。

両方を上手く日常生活の中に取り入れることで、体温も上がって、胸の体温も上がるという相乗効果で、バストアップを行えます。

是非参考にしてください!

-バストアップ

Copyright© ないぶら , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.